信奈の野望 パチンコ 甘

信奈の野望 パチンコ 甘

 あのどこにでもいそうな少年が、ガンディアの隆盛を支えているとは、とても信じられないことだった

だが、彼は確かにこの国を支えていた

彼が活躍するから、ガンディアは躍進し、ここまでの大国になったのだ

 だれであれ、彼ほどの英雄を目撃すれば、特別視せざるを得まい

あなたも好きかも:カジノ 金庫
「なんとか、間に合ったわね」「さすがは隊長補佐、仕事が速い!」「当然よね

もっと褒め称えてもいいのよ」「ははー」「そんなんところでなにやってんだ」 セツナが半眼になったのは、控室に入ってくるなりコントを始めたふたりを目撃したからだ

あなたも好きかも:カジノ リベート
ファリアとルウファは、こちらの視線に気づいたものの、まったく動じていない様子だったが、背後からの衝撃にはその場を退かなければならなかった

少女が飛び込んできたのだ

「お兄ちゃん!」「エリナ? どうしてここに」「ファリアお姉ちゃんが連れて来てくれたの!」 抱きついてきた少女の勢いに驚きつつ、ファリアを見やる

あなたも好きかも:最近のスロットは勝てない
ファリアは、ルウファに向かって胸を逸らした姿勢を維持したまま、さも当然のようにいってきた

「エリナがお師匠様に用事があるっていうから、親衛隊特権を使ったのよ」「なるほど

ってお師匠様?」 聞き慣れない言葉に目を丸くすると、後ろで椅子から立ち上がる音が聞こえた

「ふっふーん

だれのことだと思う?」「まさかミリュウが?」「そうよ、そのまさかなのよ

このあたしが、未来の大召喚師エリナ=カローヌの偉大なるお師匠様なのよ!」 見ると、彼女はなにやら上体を逸らして胸を張っており、エリナが透かさず彼女の真似をした

「えーと……大召喚師とはまた大きく出たものっすね」「エリナの才能はあたしのお墨付きよ!」「えへへ」 ミリュウに褒められて嬉しさを隠し切れない少女の姿は、可憐というほかなかった

とはいえ、エリナに武装召喚師としての才能があるというのは初耳だった