デコトラ スロット 中古

デコトラ スロット 中古

どっちもヴァール・ニールセンさんのお孫さん」 その風音の言葉に「なるほど」と弓花が頷く

弓花も風音同様に、ジンライよりヴァール・ニールセンとの因縁は聞いていた

それから弓花はヴァリオへと視線を向けて、率直に尋ねた

「師匠に仇討ちですか?」「そうですわっ」「それは違うッ」 とっさに出たリサの言葉をヴァリオが否定する

それにリサがムッとした顔をするが、ヴァリオは構わず話を続ける

「お爺さまは、最後まで戦士として生き、そして天空の草原へと旅立たれた

あなたも好きかも:zx-25r スロットル
ベッドの上でその命を尽きるときを待ち続けるよりもお爺さまらしい終わりであったはずだ……と僕は考えている」 そう言って、それからヴァリオは弓花を見た

「僕はお爺さまの最後を看取ったジンライ殿にお会いしたく、この場に来た

ジンライ殿はいずこにいらっしゃられるのか?」名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備風音の虹杖・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の竜鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩(柩に飾るローゼ)・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪・プラチナケープ・守護天使の聖金貨レベル:52体力:177+35魔力:501+750筋力:108+70俊敏力:138+80持久力:69+40知力:114+10器用さ:97+10スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[1]』『光輪:Lv2』『進化の手[8]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv6』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『Wall Run』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv3』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv5[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv3』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv3』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv4』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚:Lv2』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護:Lv2』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術』『タイタンウェーブ:Lv2』『宝石化』『ハウリングボイス:Lv2』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』『ドリル化:Lv2』『毛根殺し』『ハイパータートルネック』『爆裂鉄鋼弾』『ウィングアーム』『Roach Vitality』『黒曜角[竜系統]』『空身[竜系統]』『神の雷』『雷神の盾』『Inflammable Gas』『神速の着脱』『触手パラダイス』『ハイライダー』『リーヴレント化』『カルラ王召喚』風音「直樹……」弓花「剣技に拘って戦ったからねえ」風音「そんなにリサちゃんって強いわけ?」弓花「天才の類だと思うわよ

パーティに参加してるみたいだし」

あなたも好きかも:ドレイヴン様のレジェンダリーアックス・ルーレット
◎ミンシアナ王国 白き一団訓練場「ぬぅぅうおおおおおおっ」『せいやっ』 ミンシアナ王国の山脈のどこかにある白き一団専用の訓練場

 その中の闘技場エリアでは刃と刃が交差しぶつかり合い、衝突で火花が散っていた

そして、打ち合う片方の槍使いはジンライだった

対して戦っているのはジンライがよく知る相手だ

「なんというキレ

まったく以て感嘆に値する」『貴様こそやるではないか』 そう言い合うふたりは、まるで互いが互いを知り尽くしているようだった

 ジンライは目の前の男へと槍を振るうが、そのすべてに対して相手も同じように槍を振るい、それらは完全に同じ動きとなっていて、互いに隙がほとんど見られない