ビックエクストラ

ビックエクストラ

「それで、実際のところはどれくらいまで増やせそうなのでしょうか?」「出回る素材の流通を気にしなくていいのであれば、いくらでもと仰っていたわ」「それは・・・・・・使う素材を確認しないといけないですね」 シュミットの言葉に、何人かが頷いている

 サラーサが言っているのは要するに、そこそこ出回っている希少な素材を全て使えば、その分は作れると言っているのだ

 だが、そんなことをすれば間違いなく市場が混乱する

 商人部門の者達が、そんなことを許すはずがないのである

 そのために、必要素材を確認したうえで、神能刻印機に回せる分の素材をどうやって確保していくのかを検討するつもりなのだ

 さらに、考助がイスナーニと協力して数台の神能刻印機を作るだけなら問題ないが、世界中に増やすことを考えればいつまでも二人に頼ってばかりはいられない

 ステータスに関わる部分は、考助が作らなければならないとしても、それ以外の必要な所で他に任せられることは任せるようにした方がいい

 そうしなければ、量産など夢のまた夢だ

「・・・・・・いずれは、神能刻印機の生産も本部の特産品になりそうですね」 上層部の一人がそうぽつりを呟くと、全員が楽しそうな表情になった

あなたも好きかも:未来 日記 パチンコ
「なるほど

確かにその通りね」「まずはそうなるために各地に支部を作らないといけないですがね」 サラーサとシュミットもそれに同意するように頷いた

あなたも好きかも:パチンコ 駅前 埼玉
 世界中にクラウンの支部が出来るようになれば、間違いなくその未来が訪れることになるだろう

あなたも好きかも:札幌 東区 パチンコ屋
 その時まで、考助自身が神能刻印機の生産に関わっているかは不明なのだが