ビデオ スロット アプリ

ビデオ スロット アプリ

インフルエンザにでもかかったような高熱と関節の痛みが全身に広がっている

「うっ……」 現状把握には眼鏡が必要だ

わたしは目を閉じたまま、いつだって枕元に置いてあった眼鏡を探した

あなたも好きかも:創世のアクエリオン スロット 打ち方
身体中がじんわりと痺れているようで、手の動きは鈍い

 もそもそと動く手の動きに合わせて、カサカサと自分の体の下で紙や草のようなものが擦れるような音がした

「……何の音?」 熱のせいでかすれているはずなのに、高くて幼い声がわたしの口から出た

どう考えても聞き慣れた自分の声ではない

あなたも好きかも:ドラクエ カジノ ファンファーレ
 高熱で全身がだるいので寝ていたいが、自分を取り巻く異常性をこれ以上無視することもできず、わたしはゆっくりと重い瞼を開けた

あなたも好きかも:堺 市 南 区 パチンコ
 結構高い熱があるようで、わたしの視界は潤んで歪んでいる

涙が眼鏡の役割でもしているのだろうか、普段の視界よりずっと鮮明に見えた

「え?」 目に入ったのは、元はおそらく白かったのだろうが、煤けて黒く汚れた天井と何本も組み合わされた黒っぽい太い柱と巨大な蜘蛛の巣

 どれもこれもわたしの記憶には全くないものだった

「……ここ、どこ?」 潤んだ目から涙が零れないように気を付けながら、眼球だけで周りを見回せば、明らかにわたしが生まれ育った日本ではないことだけはすぐにわかった

 天井の形状から察する建築様式は和風ではなく、西洋風

それも現代の鉄骨のものではなく、昔のものっぽい

 わたしが寝かされているベッドは固くて、マットレスがない

そして、異様にチクチクする素材がクッション代わりに使われている