スロット 花火 設定判別ツール

スロット 花火 設定判別ツール

 もっとも、考助が調査に難航したり時間がかかったりすれば、他の女神たちが自分も手伝うと主張してきたりする可能性はある

 できることなら道具が無くなったこと自体を隠しておきたいアスラだが、考助が大っぴらに行動する以上、それは不可能だと諦めていた

 あとは、考助ができるだけ早く道具を見つけ出してくれることを祈るしかない

 そんなことを考えていたアスラだったが、そもそも誰に祈るのかを考えて、思わず考助の顔を思い浮かべてクスクスと一人で笑うのであった

あなたも好きかも:pci express x16 スロット 増設
 アスラがそんなことを考えているなんてことはつゆ知らず、塔の管理層へと戻った考助は、メンバーから心配そうな顔を向けられた

「コウスケ様、何がありましたか?」 普段よりも丁寧な口調で問いかけてきたのは、シルヴィアだった

 神域帰りの考助を、現人神として応対している

あなたも好きかも:アシベ パチンコ 下田
 シルヴィアは、すでに名前は知らなくともアスラの存在は知っている

 女神たちを統べる存在から直々に呼ばれて会いに行ったとなれば、何かがあったと考えるのは当然だろう

 まじめな顔になっているのは、シルヴィアだけではない

 いまは管理層にいないのか、コレットとピーチを除いた他の者たちは、一様に同じような緊張感を漂わせていた

 考助は、そんな彼女たちを安心させるように微笑んでから言った

「大丈夫だよ

そんなに大変な事態というわけでもないから

・・・・・・あ、いや、待てよ? 大変な事態なのかな?」「こら、コウスケ

それを聞いた吾らはどうすればよいのじゃ」 シュレインはそういいながら、いつも通りの考助の態度に安堵しつつ呆れたような顔になった

「とりあえず、説明するから話はそれから、かな?」「なるほど

では、準備をしよう」 考助がきちんと話をしてくれるとわかって、フローリアが早速とばかりに動き出した

 事情が事情だけに、立ち話ではなく、きちんと座って話をするつもりなのである