たつの パチンコ店

たつの パチンコ店

ここまで来るのに道に迷うた、とか、日本語わからんわー、とか

観光案内してくれー、とか

あなたも好きかも:スロット グッズ 店
そういうのンちゃうかっ?」 あり得そうな事柄を並べてみるが、「……でも、エリザさん……、私と自分を、比べてたみたい……」 と、俯いたまま告げられ、「ヤバイ!! やっぱ浮気相手ちゃうンか!?」と、一平は内心ハラハラしながら「……はははっ」と笑い掛けた

あなたも好きかも:アントニオ パチンコ
「まあ……向こうも同い年なんやろっ? おまえ見て、ちっちゃいなーっ、とか思うたんかもなっ? 日本の女子はこんなにチビぃンかっ? みたいなっ」 冗談交じりの口調で笑うが、優樹はまったく笑わないし、いつものように「チビじゃない」と反論もしない

その代わり、「……一平君……」と小声で名を呼ばれ、一平はうつぶせのまま「な、なんやっ?」と戸惑いを露わにした

「どないしたっ?」「……もしかして……流君……向こうで……エリザさんと……」「ア、アホか! ンなわけあるか!」 咄嗟に反町を庇ってしまった

庇わない、と言ったのに

あなたも好きかも:佐倉 パチンコ屋
 つい口に出てしまい、優樹に申し訳なくなって「すまん!!」と心で土下座しながらも、一平は少し眉を吊り上げてスカートを引っ張った

「あいつがおまえを裏切るわけないやろっ

アホみたいにおまえに惚れ込んどるのにっ」「……仕方なく、……かも……」「はっ? なんやねん仕方ないぃてっ」「……私が……、……大島、……だか、ら……?」 次第に項垂れ息を詰まらせる優樹に一平は目を見開くと、ガバッと起き上がって真顔で彼女の腕を掴んだ

「おまえ、二度とそんなン言うな

……絶対、そんなン言うたらあかん」 睨み付け、真剣に怒る一平に顔を上げられず、優樹は目に一杯溜まった涙を零した

――その時だ

「どうしたのっ?」と、電気信号に異常を察知した看護婦がカーテンを開けて入ってきたが、電気パッドを引き外した上半身裸の一平が、目に涙を浮かべる優樹の腕を掴んでいるその光景に一瞬ギョッ! と驚き、「何してるの!」と怒鳴るなり「ち、違っ……誤解やてー!」と、慌てる一平の頭をバシッ! とカルテのファイルで叩いて、また彼をベッドに倒し、電気レベルを上げて首にパッドを付けた

 ――それからは地獄だ

 一平は「うっ……うっ……」と、電気が走るたびに声を漏らし、カーテンも全開にされて体に毛布を掛けられた状態で、なおもぼんやりと、悲しげに俯く優樹を見た

「と、とにかくやなっ、……うっ、……お、おまえは……いらんっ心配すなっ