セブンスダーク ルーレット 確率

セブンスダーク ルーレット 確率

バザガジールは表情を変えることなく、聞き続ける

「勇者の末裔って肩書きだけでどれだけ苦労したか、コイツのことを全く知らない俺でも理解できるわ!! それなのにめちゃくちゃな思想を押し付けてんじゃねえ!!」 ひと段落ついたのか、息を早くしていると、バザガジールからは笑みが溢れる

「いやはや、その通りではあるのですが、自分の理想というのは大体押し付けるものですよ?」 その言葉より、バークとの会話のキャッチボールをしたことに驚く

 それを見たバザガジールは、そのような顔をなさらずとも、と続ける

「貴方は他の蝿虫(はえむし)とは違い、理不尽に対して素直に怒り、意見を述べた

あなたも好きかも:リングにかけろ スロット 天井
大体は意見などしないのですよ?」 おそらくこの男が強すぎるが故に、誰もこの男に意見出来なかったのだろう

 だからこそ、この男の言う『彼』と呼ぶ男の考えに賛同したのだと思う

あなたも好きかも:パチンコ マジで勝てない
「私は殺人鬼と呼ばれるほど、強者を殺してきました

だからこそわかることがあります

その人の才能を見定めることがね」 この男が何をして冒険者達を消したのか、わかっていないが、経験が豊富なのは言われずともわかること

「貴方は末裔殿ほどではありませんが、まあそれなりにはなるでしょう

ま、私は眼中にもありませんが……」「てめぇに評価されたくねぇ……」 だが、その通りなんだろうと、悔しそうに歯軋りをたてる

「これでも褒めてるんです