アイマス スロット ボーナス

アイマス スロット ボーナス

「ああ、出したけど、そんなに早く分析結果が出たの?」 そう問いかけた考助に対して、シュミットは首を左右に振った

成分分析などはまだこれからですよ

私が来たのは、あの二つの水についての情報を得たからです」「情報?」 シュミットがわざわざ来るほどの情報がどんなものか思い当たらずに、考助は再び首を傾げた

「簡潔に言えば、考助様が出された二つの水の内、<アエリスの水>は王侯貴族に愛される美容製品の材料に、もう一つの<ラスピカの水>は薬剤師たちの間では伝説の素材として伝わっているようです」 シュミットのその説明に、考助は思わずキョトンとした表情になった

あなたも好きかも:パチンコ ギンジロウ
 まさか、あの水が伝説扱いされている品物だとは考えてもいなかったのだ

「いや、王侯貴族もそうだけど、伝説って・・・・・・

あれ、クラウンにいるそれなりの冒険者であれば、何とかとってこれる所にあったけど?」 考助にしてみれば、勿論それなりに価値のあるものだろうとは思っていたのだが、まさか伝説呼ばわりされるようなものだとは思っていなかったのだ

 シュミットにも言った通り、クラウンでは上級に差し掛かった冒険者であれば取ってこれるような位置にあったのだから

「その辺はきちんと調査しないと分かりませんが、恐らくここの冒険者たちはこの塔にあるとは気づいていないのでしょうね

あなたも好きかも:がれい スロット 天井 恩恵
よく通る街道の傍に価値のある薬草が突然見つかるなんてことはよくありますから」「いや、まあ、それはそうなんだけど・・・・・・」 釈然としない様子で、考助は首をひねっている

あなたも好きかも:バカラ 紙袋
 どこからともなく種子が風に飛ばされて街道の傍に薬草が生えることはあるかも知れないが、あの二つの水は泉という固定された場所にある

 その泉の場所が分からなくなるなんてことがあるというのが信じられなかったのだ

 この時点で考助は思い至っていないのだが、あるギルドでその泉に関する情報を独占していて、そのままギルドが無くなってしまうなんてことはセイチュンの歴史ではよくあることだ

 それと同じような状況で<ラスピカの水>に関しても情報が歴史から消えてしまったのだが、そのことを考助が知ることになるのはもう少し後のことだ

 しばらくそうしていた考助だったが、気持ちを切り替えてシュミットを見た

 <ラスピカの水>が冒険者から忘れられた存在になっている理由はともかくとして、その話を聞けば、なぜシュミットがわざわざここに顔を出して来たのかは見当が付く

「その二つの水を武器に、いよいよクラウン支部の設立を発表するんだね?」 その考助の言葉に、シュミットは大きく頷いた

他のギルドを黙らせるには、十分すぎるほどの効果がありますからね

それに、コリー殿も随分と活躍してくださったようですから」 シュミットがそう言って笑いながら、コウヒの方を見た