藤崎 パチンコ屋

藤崎 パチンコ屋

実に面倒な話である

「効いてるね」「そうね

周りから徐々に……」「動きまわっているから狙いづらい

当てる分には楽なんだが」「二人に当てても問題ないのが救いね

私たち二人基本的にはノーコンだから」 運動能力の低い二人は遠距離からの魔法攻撃が狙った場所に当たるとは限らない程度の実力である

あなたも好きかも:犬夜叉 スロット かごめ怒り
一応魔法であるためちゃんと直進してくれるため、狙いさえつけておけばそこを外れることがないのが救いだ

しかし、それでも狙いがぐるぐるとぶれたりすることもある

またフーマルや公也の行動予測ができずに当ててしまうようなこと、範囲内にいれてしまうようなこともある

もっとも二人の使っている魔法は光の魔法、太陽光と聖なる光の魔法であるため光が当たっても収束されていないただの光は人間に対して影響をもたらさない

あなたも好きかも:カジノ スロット 必勝 法
ゆえに困ってはいない……まあ、光が眩しいくらいには思っているかもしれないが

あなたも好きかも:ウェアハウス川崎 スロット
「光よ剣に纏わり霊体を振り払い散らせ! ライトソード!」 剣に光を纏い霊体に攻撃する公也

火は既に試したし、風による攻撃も試している

闇が取り払われた今、霊体に対して光の魔法は最大の攻撃手段となるはずである

ただ、魔法でも単なる光と太陽光では差が大きい

しかし公也は光の魔法を使っている

太陽光は太陽光で仕組みが複雑で魔力消費が増えるし、効果が高すぎると例の声の元となった霊体のアンデッドを消滅させる危険もある

外から攻撃するロムニルとリーリェは届かない可能性が高いが公也は近くであり、また剣が届く可能性もあるため抑えめということだ

「時々光が眩しい

あれくらいならまだ少し見えなくなるくらいで済むが、フーマルの方は大丈夫か……大丈夫みたいだな