ひぐらし スロット 最大ハマり

ひぐらし スロット 最大ハマり

有象無象の神にしては、気骨があるようだ

だが、気骨だけで、気概だけでどうにかなるほど、理不尽とは容易いものではないぞ」 魔王が軽く手を翳した

すると、背後の異空間から流れ込んできた闇が凝縮し、一振りの杖を形作った

禍々しい闇の塊のようなそれこそ、本物の魔王の杖なのだろうか

 魔王は、杖の先端をディナシアに向けた

 それと同時だった

 ディナシアの右半身が吹き飛ぶようにして消滅したのは

それが起きたのは、ディナシアの体の半分がなんの前触れもなく消滅するのとほとんど同時だったのではないだろうか

あなたも好きかも:スロット wiki
 召喚武装などの外的要因によって感覚が強化されているとはいえ、その感覚ですら捉えられないほどの速度で状況が変われば、ファリアにも対処のしようがなかった

 気がついたときには、魔王の目がこちらを見ていた

あなたも好きかも:戦国恋姫 パチンコ 設置
そして背後に気配を感じ、それがディナシアの神威だということに気づく

「最初から形振り構わず人質とは、随分とまあ、考えたものだ」 魔王は、こちらを見て、ただ冷笑していた

どことなくセツナを彷彿とさせる外見は、ともすれば、セツナの父を模したというディナシアの容姿に似ているといっても差し支えなかった

混乱はない

むしろ、納得の行く姿だ

 魔王は、セツナの肉体を依り代として、この世界に顕現したのだという

 ならば、セツナに似ているのも当然といっていいのではないか

 セツナに疑念を植え付けるためのディナシアの外見とは、わけが違うのだ