ジャンプ作品 パチンコ スロット

ジャンプ作品 パチンコ スロット

息子より何万倍も魅力的ですわね」 保宅は眉を上げて、顔を見合わさずいたずらな笑みを浮かべる真琴を見下ろした

「うーん……

あなたも好きかも:予想屋 スロット
タイプはタイプなんだけど、さすがに高校生には手が出し難い

あなたも好きかも:パチンコ ローマ 津山
二十歳過ぎて入院することがあれば当院へお越しください」 にっこりと笑い掛けられ、真琴は呆れた笑みで肩の鞄を掛け直した

「そういうところは息子の方が誠実そう」 一切目を見合わさずそう告げると、真琴は「……さて、と」と周りで呻いている少年たちを見回した

あなたも好きかも:パチスロ 射駒 ブログ
「……うん、みんな見た顔ね」 確認して呟く彼女に、まだ元気のある三人の少年はギョッと目を見開き、焦りを露わにした

「ちょっ……! ま、待った!! オレたちは加勢に呼ばれただけなんだ!!」「そ、そう! それだけで事情なんて元々わからないし! なあ!?」「うんっ! ただっ……ボコられてるから助けてくれってメールが来てっ

それで加勢に来ただけでっ」「加勢に来て、この子一人に対してあなたたち数人で相手をした、ってことね?」 真顔で反町を指差し問う真琴に少年たちは口を噤んでしまった

――今まで威勢のよかった彼らが一瞬にして戦意を喪失し、目を逸らす姿に保宅は顔をしかめ、斜め前にいる真琴の背中に首を傾げた

「……キミは何者かな?」 微笑み問うが、声に穏やかさはない

 “代表者”とでも思っているのか、そんな疑う気配を背中に浴び、真琴はチラッと保宅を振り返り、床の反町を見下ろした

「何者か、なんて学園《ここ》で問うのは余程の事情を知っていなくちゃ出来ませんよ、元、生徒会長様」 少々嫌味を滲ませた呼び方に、保宅は少し笑った

「こりゃ、大物が現れちゃったかな? ……でも、そのワリには息子に敵意はなさそうだ」「敵意なんて誰にも持ったことはありませんけど?」 真琴はそう答えて肩から提げている鞄を開け、中を探り出す

「子どもの望みなんて、所詮、浅はかで周りなんて見えていない

必死になれば尚更

……責任ある立場の生徒会長様には、冷静に周りを見て、物事を見極めて頂きたかったですわね

そうしていれば、失わなくて済んだものもたくさんあったんじゃありません?」 チクチクと刺すような言い回しをする真琴に、保宅は間を置いて苦笑した