パチスロ 不二子2

パチスロ 不二子2

後はあなた達からは、慰謝料でももらえばね」「それが、ケイの頼みなの?」「彼、お金無いっていうから

その代役に、あなた達を御指名してきたのよ」 どうも信用出来ないが、まるっきり嘘という雰囲気でもない

あなたも好きかも:ぱちんこ スロット
 そんな私の意図を感じ取ったのか、彼女が端末を取り出した

あなたも好きかも:なぜ パチンコ は なく ならない のか
「これ、誰のか分かるわよね」「浦田の……」「そう

声は聞かせられないけど、身柄は抑えてあるの

どちらにしろ、あなた達は付いてくるしかないのよ」 薄暗い廊下を通り、見慣れぬ建物へとやってきた私達

 周りに人気はなく、また生徒や教職員とすれ違う事もない

 汚れ具合や廃材が散乱している様子から、どうも倉庫のようだ

 学校の敷地内ではあるけれど、こんな所へは一度も来た事がない

「この中よ」 大きな扉の隣にある、手動のドアを指さす大内さん

あなたも好きかも:パチスロ 黄門ちゃま 喝 喝ゾーン
 私達が何となくためらっていると、不意に背中を押された

「さあ」 ずっと彼女に付き添っていた、陰険な目付きの男だ

 何度も私達に因縁を付けてきた男でもある

 最初は仲間かと思ったけど、大内さんを監視しているようにも見える

「言われなくても、入るわよ」 私は軽く息を整え、おもむろにドアを開けた……