難波 パチンコ イベント

難波 パチンコ イベント

「だが、残念だった」 振り向けば、フレイムコーラーの本体が、太刀を構えるところだった

あなたも好きかも:スロット 二万枚 いくら
紅蓮に輝く太刀が、燃え盛る炎そのものようだ

「わたしはここだ

最初からな」 絶望的な事実を告げてくると、フレイムコーラーは、虚空を蹴るように突っ込んできた

シドは、救力を束ね、剣を作ろうとした

あなたも好きかも:スロット モンハン 狂竜戦線
が、間に合わないどころか、雷光の剣を作ることすらできなかった

あなたも好きかも:サムライ スロット ブログ
力を使い切っている

 真紅の甲冑が陽炎のように揺らめき、猛火のように燃え上がったかと思えば、つぎの瞬間、シドは、オールラウンドの腹を貫かれていることに気づいた

急速接近からの突き

傷口から炎が燃え広がり、全身を包み込んでいくのがわかる

さらなる激痛は、フレイムコーラーが太刀を振り抜いたからだ

腹の真ん中から右脇腹を切り裂き、さらに炎上させながら、飛び離れる

「わたしを失望させるな、といったはずだ」「ああ、そのつもりだよ」 対等だからこその宣言とともに、シドは、フレイムコーラーの真紅の甲冑を一条の雷光が貫く様を見届けた

 フレイムコーラーに避けられ、丘に刺さったままの剣へと落ちた雷光は、オールラウンドがいまのいままで発散した救力の集合体であり、つまるところ、シドが消耗した全力がいまの一撃に込められていた

 数百体の分身を作ることに力を費やしたフレイムコーラーが耐えきれるものではない

煩わしそうに