dq7 スロット ぱふぱふ

dq7 スロット ぱふぱふ

あなたも好きかも:ブログ パチンコ
よって、アズマリアは、メリクスを殺害することを決意し、そのことをメリクス自身に告げている

 メリクスは、アズマリアの手で殺されることを本望だといった

 ミリアは、そのときの光景をアズマリアの依代となっている最中、何度となく夢に見た

おそらく、アズマリア自身の記憶が悪夢のような形で現れたのだろう

アズマリアの苦悩に満ちた心の内を見せつけられるようで、彼女はなんともいいようがなかった

あなたも好きかも:伴 スロット
 アズマリアは、メリクスの才能を愛していたのだ

あなたも好きかも:モンキーターン3 スロット 評価
 アズマリアという人物は、魔人などと恐れられてはいるが、実際には、弟子想いの師匠であり、彼女の弟子となったものは皆、彼女の虜となるほどだった、という

ミリアの母ファリア=バルディッシュがアズマリアを心の底より尊敬しているのも、アズマリアの本質を理解しているからだ

彼女は、メリクスを手に掛けたくなどなかった

できるならば、メリクスを神の毒気から解放してやりたかったのだ

しかし、そんな方法は古今東西、どこを探しても存在しない

 といって、ゲートオブヴァーミリオンによってメリクスを異世界に追放したところで、なんの解決にもならない

どこの世界へ飛ばされようと、メリクスが神の徒と成り果てるだけだ

それでもいい、とは、ならないのだ

 メリクス自身が、それを望まなかった

どうか、わたしに人間の心がある間に殺して欲しい』 メリクスは、心苦しそうな表情でもって、アズマリアに頼み込んでいる

彼がなぜみずからの死を望んだのかといえば、彼自身、もはや手の施しようがない事を悟っていたからなのだろう

神の毒気は、彼の体内を蝕み尽くし、あとは意識を乗っ取るだけ、という状況になっていたのだ

それほどの状況にもかかわらず、彼は、痛みを表情に出すことすらなく、日々、教師としての職務にあたっていた