マリオrpg カジノ

マリオrpg カジノ

お気持ちだけで十分です」「わかりました

あなたも好きかも:喰霊-零 スロット 5号機
では、気持ちだけ……」 辞退しようとするレティーツィアにわたしはシュタープを出して祈る

「夢の神 シュラートラウムよ レティーツィア様に心地良き眠りと幸せな夢を」 レティーツィアに白い祝福の光が降り注ぐと、レティーツィアの目が眠そうにとろりとなった

あなたも好きかも:パチンコ 太陽
数秒後にはふわりと崩れ落ちそうになる

それを彼女の護衛騎士が咄嗟に抱きとめた

「この程度の祝福がこれだけの効果を示すなんて、眠りたくても眠れない日が続いたのでしょうね

レティーツィア様をゆっくりと休ませてあげてくださいませ」「恐れ入ります、ローゼマイン様」 護衛騎士はレティーツィアを抱きかかえて退出していく

レティーツィアの側仕え達が速足で追いかけていくのが見えた

「ローゼマイン、来なさい」 フェルディナンドがそう言ってわたしに手を差し出した

何か当たり前のようにエスコートしてくれるんだな、と思いながら手を乗せた

あなたも好きかも:栃木 パチンコ ば くさい
もしかしたら、アーレンスバッハにいる一年半の間、ディートリンデに対して毎日のようにしていて身についたのだろうか

そんなことを考えていると、フェルディナンドのもう片方の手がわたしの視界を塞いだ

「フェルディナンド様?」「夢の神 シュラートラウムよ ローゼマインに心地良き眠りと幸せな夢を」 フェルディナンドの手で塞がれた視界に白い光が満ちてくる

頭の中が白くなっていく感じがして、体が急に重みを増したように感じられた

足元が覚束ないと思った時には先程のレティーツィアと同じように抱き留められ、抱き上げられる