パチンコ おとめ6

パチンコ おとめ6

 屋神は鼻で笑い、エンジンを掛けた

 そして窓から顔を出し、後ろにいる塩田を振り向く

「塩田、行くぞ」「ああ」 スロットに差してあるカードキーを押しかけた塩田の手が止まる

あなたも好きかも:ドラグナー スロット 曲
「……誰か後ろに来てる」「何も聞こえないけど」「俺には聞こえるんだよ、水葉さん」 バイクを降りる塩田

あなたも好きかも:パチンコ 大型 店 東京
 屋神も車から降りて、彼の隣に並ぶ

 薄暗い路地

あなたも好きかも:パチンコ ザヒーロー
 微かに見える人の影

 小さな足音が響く

「どういう奴だ」「金髪さ

見れば分かるだろ」「俺にも見えないよ」 苦笑しつつ、腰を落とす屋神

 後ろの車では涼代が運転席に座り、いつでも走り出せる体勢を取っている

「またあいつか

お前、好かれ過ぎだ」「俺は今回、関係ないって

それで、どうする」「勝てると思ってるから、つけ狙うんだ

相手してやれ」 擦り切れたジーンズと、薄い茶の革ジャン

  手に下がるのは、火花を散らす長いバトン

 ブーツの先端は、薄闇の中鈍い金属の光を放っている

「よくもやってくれたな」 低い、唸るような声