北斗 の けん スロット 天井

北斗 の けん スロット 天井

 踏み越えられなかった

けれど、残り三歩と理解できて、境界線が見えたのならば、その先に至るのはそう難しくはない

生きている内に可能かどうかは、別問題だが、エイジェイの経験上、わかったのならば越えることも、退くことも、べつの道を見つけることも可能だ

 ――どうすんだよ

あなたも好きかも:スロット フェアリーテイル 天井期待値
 エイジェイは観察者を気取って、自分には無理なのをわかりきった上で、それでも問いかけずにはいられない

あなたも好きかも:ネット カジノ 詐欺
 ――どうすんだベル

そのままじゃ、そこの二人はお前に届かねえよ

 何が違う?「――アブ

何が違う」 自問自答をしようと思ったら、エイジェイの熱――いや、炎に焼かれることもなく、熱さを感じているのにも関わらず、避けようともせず、戦場を睨みながら血を吐き捨てた兎仔が、奥歯から絞り出すようにして問いかけてきた

「あのガキ二人と、ベルとの違いは、持ってるものの重さだ」「なに?」「適性があったわけではなく、適応しただけ、なんて言葉を聞いたことはねえか?」「ある」「以上の説明は、なかったんだろうな

適応する――それは、ただの変化だ

躰に入り込んだ異物を、そういうものだと認識して適応したところで、本質的には異物でしかねえ

あなたも好きかも:スロット で
確かに適応したベルは、異物を取り込めた

本来なら人としてのナリすら持たないのにな

その異物を抱え込んで、生きてきた時間が、荷物の重さだ

最初から魔術師だった連中とは違う」「納得はできねーな」「だろうよ

ま――俺なら」 そうだ

 〝炎神〟エイジェイなら