ドロップアウト スロット 2話

ドロップアウト スロット 2話

 黒い刃とぶつかって、鈍い音が鳴り響く

 甲高い音は、もう鳴らない――

惜しくも、両の刃によって剣は防がれる

 けれど、距離は剣の間合いだ

あなたも好きかも:モノポリー ビデオゲーム
僕は息をつく間も与えず、剣を振るおうとする

「『ダークフィッシャー』」 しかし、それは闇魔法によって中断される

 パリンクロンの影から無数の黒い触手が伸びてくる

あなたも好きかも:クジラッキー スロット リセット
触れられることを嫌った僕は、大きく距離を取って魔法を避ける

 その魔法から違和感を感じた

 余りに魔法構築が速すぎる

あなたも好きかも:パチンコ 何も起きない
それに魔力の量も増している気がする

 僕のいぶかしむ目に気づいたパリンクロンが、楽しそうに答える

「俺の力じゃない

仲間たちの力さ」 パリンクロンは周囲に倒れている兵たちを指差した

 意識を失った肉体は、溶解の速度を増していた

もはや原型を失って、ほとんどが魔力の粒子へと転換されている

 その魔力がパリンクロンへ注ぎ込まれているのを『ディメンション』が感じ取った