木更津駅 パチンコ

木更津駅 パチンコ

つっても、だいたいセオリー通りだけどな」 ふらりと、どこか散歩に行くような足取りでセツはその場から移動を始めた

実戦の経験が多ければ多いほどに、動きは滑らかになる――それが右足を失って引退したケイオス・フラックリンの師匠が口にした、今でも覚えている教訓の一つだ

 基礎しか教えない

その言葉通りに二度ほどしかケイは戦場に出たことがない

しかも前線ではなく後方支援だ

ただし、本来ならば戦場に出ていてもおかしくはない以上の、途方もない基礎だけは叩き込まれている

それは師の矜持らしく、基礎を死ぬほど積み重ねても裏切らず、また基礎の量によって経験から先の飛躍がまったく違ってくる――らしい

 それはケイがこれから体験することであり、また養父でもある師の言葉を疑ったことなどない

 だから

 訓練とはいえ、限りなく実戦に近い場所で動く経験者を前にして

あなたも好きかも:海 パチンコ
 ――なんだこいつら

あなたも好きかも:三軒茶屋 パチンコ 白鳥
 偽りなく驚愕していた

 相手は斥候らしき六人

目視で確認したケイは最初から用意されていた、おそらく訓練で使っていたのだろう個人用塹壕(タコツボ)から顔だけを出して確認する

傍にいたジェイとアイが軽く肩を叩くようにして出て行ったのを見て、一体どのような手を使って連中を相手にするのか疑念を抱いていたのだが

 ――冗談かよ

 木の上から飛来したジェイが最後尾にいる人間の背後に下りたかと思えば、片腕を捻りあげてあっさりと脱臼させると、右足を一歩前に出すようにして躰を固定しつつも手から落ちたサブマシンガンを掴み、トリガーを絞る

四名が被弾し、一名が避けた

 いや、あるいはジェイが避けさせたのかもしれない