損切り できない

損切り できない

メリットが何もないわ」「そうか

……一つ、いいか

今の説明だと、あの操られた屍体を殺すには頭を潰せばいいとのことだが」「その通りよ

あなたも好きかも:オトフェス スロット
あの白衣男が直接腕や足を動かしてるんじゃなければね」「その可能性は低い」「ふうん……じゃあこっちからも一つ、言っておくわ」「聞こう」 リウは、伝える

「どんな状況であっても、そっちの目的を邪魔してでも、私はあんたたちを死なせないから

いい? ――死がそこに迫った瞬間、私はあらゆる手法を以ってそれを回避する

覚えておきなさい」「……わかった」 人が死ぬことに対して、ひどく敏感になるのは相変わらずだとミヤコは思う

それが赤の他人で、自分とは遠い位置の相手であっても――相応の理由がなければ、リウは殺しを赦さない

あなたも好きかも:スロット 打てる台がない
もちろんミヤコも同じだが、それでもリウの範囲は広すぎる

 相手が外道ならば、それこそ殺すことが救いになるのならば殺す

だがそれ以外のほとんどは――拒絶するのだ

あなたも好きかも:愛知 等価 パチンコ
 リウは、きっと老衰であっても拒絶する

 いや拒絶したい

したいけれど、奥歯を噛み締めてそれをきっと見送るだろう

 何故なのか

 ミヤコも、そこまでは知らない

結果として、総当たり戦を終えてミヤコたちは決勝に進めることになった

ミヤコに言わせればリウの行動が非常に気になったのだが、引き分けに持ち込んだのはきっと僅かに残った良心なのだろうと思う

いや、思いたい