パチンコ なん じ ぇ

パチンコ なん じ ぇ

あなたも好きかも:ボダラン2 スロット
なので今後の動き次第ではそこを活動拠点として行動していく事だろう

 何はともあれ、ライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤンの五人はやる事がある

今後の活動からして、ライとレイ以外は別の国に通じる道から帰る事になるだろう

「それじゃ……此処でサヨナラなのかな?」「ああ、そうなるな

レイとは途中まで一緒だけど、支配者について色々と話もあるから別れる事になりそうだ」「私も、先ずは誰も寄らない魔物の国へ行こうと考えている

前まではあまり寄り付かなかったが、今なら問題無さそうだしな」「私も魔族の国に用があるな

あなたも好きかも:パチスロ 地獄 少女 朝一
シヴァから色々と聞かなくてはならない」「私も……幻獣の国に行って……もう行っているクラルテさんを手伝わなきゃ……」 話しているうちに聖域の入り口となる湖に着き、ライたちは行動を起こす

 行く道は別々

それも当然だった

 ライ、エマ、フォンセ、リヤンの四人はレイから離れ、各々(おのおの)の国へ通じる道に────「────待って! ライ! エマ! フォンセ! リヤン!」「……!」「……!」「……!」「……!」 皆《みな》が各々(おのおの)の道を行く途中、湖の畔にてレイがライ、エマ、フォンセ、リヤン

全員の名を呼んだ

あなたも好きかも:ゴールデン パチンコ
それと同時に四方から暖かく、暑く、涼しく、寒い風が吹き抜けて髪を揺らす

 レイの言葉に四人は反応を示し、立ち止まって視線を向ける

間髪入れず、レイは言葉を続けた

「私! やっぱりみんなとずっと一緒に居たい! みんなにも事情があるから今は引き止められないけど……また……みんなと一緒に……過ごせるよね……?」「レイ……」 始めは叫ぶように話していたレイだが、徐々に覇気がなくなる

目にはうっすらと涙を浮かべており、ライたちの返答を待つ

 ライ、エマ、フォンセ、リヤンの四人は互いの顔を見合せ、小さく笑って頷き、レイの元に歩み寄った