パチンコe-zone

パチンコe-zone

ダメだ俺、考えるな! 俺が一人、煩悩と格闘していると、何をどう勘違いしたのか「そこまで嫌がられるとは思っていませんでした……」と、サヤが沈んだ声で言うものだから、俺は溜息を吐いてサヤの想像を否定した

そっちに解釈してくれて助かったけれど、そんな風に受け取らないでほしいとも思う

あなたも好きかも:サンキョー パチスロ
「嫌がってるんじゃないよ……

 ありがとうサヤ……

でも、無理をしてまでも、守らなきゃならない秘密ってわけじゃない

 覚悟はあるから……どうしようもない時は、言うんだよ」「……はい

でも、やれるだけやらせて下さい

私……ちゃんと、役に立ちたいんです」「サヤは、凄く、頑張ってくれてるだろう? これでもかってくらい、役に立ってる

 これ以上を求めたらサヤに依存しすぎだよ」「もう! そういうのです‼︎」「は?」 不意に、くるりと向きを変えたサヤが、怒った顔で俺を見る

また、怒らせてる……俺はサヤの気に触ることをするのが相当得意らしい

あなたも好きかも:マクロス フロンティア スロット 新台
「戦力に数えて下さい! 私は、お客様でいたくないんです

 使える

適任だと思ったら、遠慮せずに指示を下さい! ちゃんと頼って下さい! このままじゃ私、凄い我が儘みたいじゃないですか

レイシール様に文句ばっかり言って勝手してるみたいじゃないですか!」 えええぇぇ? そんなことで怒ってたのかと呆れてしまった

我が儘だなんて思ってない

俺のために考えてくれてるって分かってるのに、自分が我が儘みたいって……

「サヤは、変なことを気にするんだな」「へ、変ってなんですか! 至極真っ当な主張ですよ⁉︎ 私、レイシール様の意見を悉く退けてるよなってギルさんに言われて、凄く凹んだんですから!」 ギル……サヤにそんなこと言ったのか

「……ギルがそう言ったのは……きっとサヤを褒めたんだよ