夜勤 明け パチンコ 収入

夜勤 明け パチンコ 収入

「つまりさ、俺があんたの提案を承諾したとして、上手く行くとは限らないってこと

もしかすると、あんたが皇帝を続けるよりも早く終わるかもしれない

あなたも好きかも:スロット 島唄
その可能性は、皆無じゃあないんだ」「そんな……」 ニーウェが、失意のどん底に突き落とされたような目をした

彼にとっては唯一無二の希望であり、いまこそ、その希望に手を伸ばそうとした矢先の出来事だ

絶望するのも無理からぬことだったし、彼の想いを踏みにじることになったという事実には、セツナも苦痛を覚えずにはいられない

「そう絶望してくれるなよ

俺は、決して自分の人生を諦めちゃいないんだからよ」「セツナ……」「あんたも、諦めてくれるな」 セツナは、ニーウェの目を見据えたまま、告げた

あなたも好きかも:パチンコ 甘 オススメ
「俺の知り合いに名医がいる

あなたも好きかも:アトラス 中古 パチンコ
マリア=スコールっていうんだけどさ、その名医が今現在、白化症の治療法を研究しているんだ」「治療法が確立されるまでなんとしてでも生き延びろ、っていうのか? この俺に」「ああ」「気安くいってくれるもんだ」「あんたは、皇帝なんだろう? かつて世界の四分の一を領有していたザイオン帝国の新皇帝、ニーウェハイン・レイグナス=ザイオン陛下ならば、それくらい容易いことではありませぬかな」 セツナがおどけていうと、ニーウェは、肩を竦めた

「……君は、俺を怒らせたいのかな」「その意気だよ」 セツナは、ニーウェの目に活力が戻ったことを称えたのだが、彼には伝わらなかったらしい

怒気が、全身から放射される

「なにがだ、馬鹿セツナ」「はは」「笑い事じゃないんだぞ

俺がどれほどの苦痛の中にいると想ってるんだ」「そうだな

俺には想像もつかないよ」 その点では、返す言葉もない

彼はおそらく、想像を絶する痛みと戦い続けているのだ

それこそ、命を絶ったほうがましだと想うくらいの、いや、実際にそのほうが遙かに増しであろう激痛の中にいる

異界化した半身が白化症による侵蝕を食い止めているわけではないのだ

白化症は常に進行中で、彼が自我を保っていられる理由が、異界化した半身にあるというだけのことなのだ