スロット 物語シリーズ セカンドシーズン

スロット 物語シリーズ セカンドシーズン

 数日まともな食事をしていなかったため、胃も受け付けないだろうからと、わざわざ作ってくれた

 サヤ曰く、これは「馬鈴薯のポタージュスープ」というらしい

 クタクタになるまで煮た馬鈴薯と玉葱を、何度も網を通して潰し、布で漉して作るのだそうだ

 滑らかになるまで丁寧に裏ごしされた、馬鈴薯と玉葱の汁物は、野菜本来の甘みと、牛酪の塩気とが見事に調和しており、大変美味だ

 奥行きのある味わい……

あなたも好きかも:広島 西区 パチンコ店
初めて食べるものであっても、サヤの料理なのだと、分かる

 特別な任務を終え、更にはあんな危険まで犯し、誰よりも一番働いているはずなのに、手間をかけてこれを作ってくれたのだとその味が示していて、なんだかとても申し訳ない……

あなたも好きかも:パチスロ 解析 ラブ嬢
「お口にあいませんでしたか? 牛酪は少なめにしたんですけど……まだちょっと、重かったでしょうか」 空になった皿を見つめて黙っていたからか、サヤが不安そうにそんなことを言う

 だから、そんなことはない

大変美味だと、そう伝えた

あなたも好きかも:パチスロ エンジェル
「もうちょっと欲しいくらいだよ」「本当ですか? じゃあ、おかわりをお持ちします!」 嬉しそうにそう言ったサヤが、器を受け取って部屋を出て行く

 それを見送って暫くしてから、ギルが口を開いた

「あいつも大変だったんだぞ……」 それに対し、ユストが神妙な顔でこくりと頷く

 気絶して眠っていた俺より、むしろおおごとだったらしい