パチンコ 緑ドン

パチンコ 緑ドン

顔を隠さないとな」「こっちはお土産じゃなくて手編みだけど、これもプレゼント

スノウに教わってから、偶に作ってるから、お裾分け」「こっちは手編みか……

あなたも好きかも:スロット 聖闘士星矢 朝一挙動
ほんとありがとうな、カナミ!! よしっ、今度、俺もスノウに教わろう! お返ししないと!」 ディアもマフラーを編んで、僕にプレゼントしようと意気込んでいた

 ただ、定期的にスノウやマリアから、こういった編み物が届くので、できれば別のものに挑戦して欲しいと思う僕である

 すぐにディアは受け取ったマフラーを、ぐるぐると首元に巻きつけた

 今度は踊るようなステップで街道を駆けていく

あなたも好きかも:スロットマシン 回路
「へへへっ……」 柔らかな笑みを浮かべたディアが、くるりと回る

あなたも好きかも:パチンコ 南大門
 その尻尾のような後ろ髪が、マフラーと共に回っては、跳ねる

 もう性別を隠すのは不可能だろう

けれど、いつもとは大きく異なる雰囲気から、彼女をディアと見抜ける可能性は、先ほどの男装よりかは減ったはずだ

 一応の目的を達成した僕は聞く

「ディア、服屋に行かないなら……、次はどこに行く?」「んー、俺は思いつかないな! もう全く!!」「全くって……、今日は僕と行きたい場所があったんじゃ……」「あったけど!! なんというか、いまは胸が一杯だ!!」 僕と同じく、ディアも当初のプランが吹き飛んでいるようだった

 彼女は僕から貰ったプレゼントの服で身を包み、街道を歩いているだけで楽しくて仕方ない様子だ

 本当に欲が浅い子だ……

 欲望塗れのクウネルは、僕が財布になるとわかった瞬間、限界まで買い物し尽くして――その上で、まだまだ満足とは程遠かった