パチンコ フィールズ 社長

パチンコ フィールズ 社長

私は」 そう言って笑うゼクウの言葉通り、ゼクウの姿はルイーズの知っている以前となにひとつ変わってはいなかった

あなたも好きかも:トレジャー スロット
「ルイーズ姉さん」 そのやりとりの後ろからジンライが声をかける

ここで世間話に花を咲かせるよりも先に済ませる話がある

それを言外に伝えてくるジンライに、ルイーズも頷いてからゼクウを見た

あなたも好きかも:スロット 岡山 口コミ
「え、ええ

そうねジンライくん

お爺さま

今日はあたし、お爺さまにお願いがあって来たんです」「ほぉ

ルイーズにしては珍しいな

あなたも好きかも:バルブレイブ パチンコ 設定示唆
お前は人に頼らぬ癖があったが……年を取って丸くなったのか、それとも良い仲間に恵まれたためかな?」 その返しに少しばかりくすぐったい思いにルイーズは駆られた

もっともその先にある話の内容は、決して明るいものではない

ルイーズも口元を引き締めながら話を続ける

「当主代理であるローア・キャンサーが、あたしたちの仲間を連れ去りました

悪魔の容疑をかけられたようですが、明らかに誤った判断です

悪魔狩りのルイーズの名においてそれは宣言いたします」 そのルイーズの言葉にゼクウも頷き、続きを話すように手振りで促した

それで正直なところ、ローアの対応に信頼が置けなかった為、申し訳なく思いますがお爺さまに力を貸していただきたくこちらに伺ったのです」「なるほど

ローアが……な」 ゼクウが己の顎髭をさすりながら、少しばかり考え込む素振りを見せた

それからゼクウはルイーズに尋ねる

「で、ルイーズ