横浜 西区 パチンコ

横浜 西区 パチンコ

 休憩を兼ねた昼食を済ませた後も、ギルとサヤはまだまだ時間が掛かりそうだったので、リヴィ様方に街の散策でも如何ですか? と、声を掛けたら、クオン様は喜び勇んで駆けてくる

 リヴィ様はサヤたちの作業が気になる様子だったけれど、ギルに問うと、暫くはすることが無さそうだとのこと

 ギルにやることが無いと言われてしまったので、リヴィ様も仕方なく散策に加わることとなった

 外を歩き回るのはお立場的にも問題が多い

よって、馬車から外を見て、欲しいものがあれば従者を走らせるという、本来の貴族らしい散策となった

あなたも好きかも:トータルイクリプス スロット 一撃
 正直メバックでは珍しい光景だ

俺はコソコソしてることが多いし、バート商会に乗り付ける貴族はあれど、街を散策する方は少ない

 セイバーンの紋章入り馬車を利用したのだけれど、街人がやたらと注目してきて居心地が悪い

 でもリヴィ様方は気にしていない様子だから、きっと慣れているのだろう

「こうして見てみると、田舎ねぇ……

比較的綺麗だとは思うけど」「孤児や流民が見えませんわね……」「流民は、セイバーンにはあまり流れて来ませんからね

 孤児もまぁ……うちは神殿も少なく、孤児院も遠いですから、余程幼くなければ、近所で面倒を見つつ育てるみたいな場合も多いようです」 街を大きく一回りし、最後に商業広場に立ち寄ると、いつも通り、連なる屋台と行き交う人々でごった返しており、ハインが馬車の速度を落とす

あなたも好きかも:セントラルグループ パチンコ
 オブシズや、馬で付き従っていた武官の方々も半数は下馬して馬車の横につく

 貴族の往来と分かって多少人が避けて通るようになったが、それでも結構なものだ

「ここは賑やかなのね」「商業広場と言いましてね

日貸しで場所を買って商売ができるんです」 進んで行くと、「かみどめ」と、なんのひねりもない看板を掲げた屋台を発見した

 面白いのは、屋台の前に張り付くように固まった女性陣と、それを遠巻きにしてる女性陣という、なんとも不思議な光景

 丁度良いので少し待っていてもらえますか? と、二人に声を掛けて馬車を停める

俺だけ降りて、足を進めると、ハインの「レイシール様!」という怒りの声と、オブシズが追いかけてきた