聖 戦士 ダンバイン パチンコ

聖 戦士 ダンバイン パチンコ

一人、持ち時間は約五分だが、時間に余裕を持ってみんな終えている

これなら何も問題はない

――そう思っていたが、大丈夫だと思えていたのは、先に名乗りを上げた生徒たちが“箸に自信のある”生徒だったからだ

「大丈夫大丈夫! いけるいける!」「がんばれ!」 順番が回ってきて不安げに椅子に腰を掛けて箸を握った女子の震える手に、大豆は言うことを聞いてはくれない

あなたも好きかも:パチンコ セイントセイヤ3 激アツ
 ――しまった! “不器用”な生徒がこれからどんどん出てくるんだ! そう気が付いた生美は舌を打ち、まだチャレンジしていない生徒たちを見回した

あなたも好きかも:ブラックジャック 扉絵
「先に自信のない人がやった方がいいわ! あとになればなるほどプレッシャーになってしまうから! 隣に立って要領を教えてあげて! 励ましてあげて!」 生美の言葉に、「先にやって!」「見ててやるよ!」と、不安そうなクラスメートに順番を譲り出す

「大島さんっ、先にやった方がいいんじゃないっ?」 そう焦るように女子に声を掛けられた優樹は「ううんっ」と強く首を振った

「私は大丈夫っ

お箸の使い方はすごく注意されてきたからっ

……たぶんっ」 表情は自信満々だが、最後の一言で周りのみんなが「先にやれ!!」と彼女を順番の先頭に押しやる

「ど、どうしてっ? ホ、ホントに大丈夫だと思うのにっ!」「思うのに、じゃダメじゃん!」「絶対大島さんの言うことは信用出来ない!」 みんなから呆れるような視線を受けて頬を膨らませる優樹に、「みんなわかってんじゃん」と洋一が苦笑すると、「悲しいわね」と、生美もため息混じりに苦笑する

「武田さんは大丈夫よねっ?」 そう問い掛ける声が聞こえて、立花はそちらを振り返った

あなたも好きかも:2008年 ぱちんこ
「手先は器用そうだしっ

最後の方で大丈夫っ?」 女子に問われた弥生は、間を置いていつもの無表情さで首を振った

「……すみません