化 物語 スロット 演出

化 物語 スロット 演出

「・・・本当にお前が私の弟子だったらよかったんだがな」「そう言ってくれるのは嬉しいですけど、俺は師匠を変えるつもりはありませんよ?」「わかっている、だからこそ心底惜しいんだ」本当に残念そうな表情をさせた後、奏は近くに保管してあった武器を適当に選ぶと勢い良く康太に向かって襲い掛かる

奏の近接戦闘の実力は小百合以上だ

あなたも好きかも:バスタード パチンコ 継続率
小百合の刀での戦闘で気絶しないようになってきた康太だが、奏との戦闘では本当に逃げ回りながら気絶しないようにしても最終的には仕留められてしまう

上手く相手から逃げて急所をずらしていっても最終的に追い詰められてしまうのだ

あなたも好きかも:カジノ irとは
この辺りは経験の違いというべきだろう

槍を使って間合いをコントロールしたり、懐に入られても槍を一部分解してナイフのように使っても結局のところ奏はうまく回避したり防いだりしながら易々と康太を追い詰めてしまう

もちろん康太もやられっぱなしではない

ほとんど防御に意識を費やしているが明らかに隙だと思える瞬間には距離をとったり攻撃してみたりといろいろと試行錯誤を繰り返している

十全の中で防御九、攻撃一くらいの割合だろうか

あなたも好きかも:カジノ 練習
当然攻撃をすれば隙が生まれる

その隙を奏が見逃すはずはなく反撃を受けるがそのあたりはすでに慣れたのか自分の体の中でわざと隙を作り相手の攻撃を誘導するくらいの芸当は康太にもできるようになってきた

奏もわざと作った隙だということがわかっているのだろうが、せっかく試行錯誤しているのだからあえて乗ってやろうという感じなのだろう