蜂 大群

蜂 大群

私のせいで、傷付いて欲しくない……」「だから――」 ハーディスが再び説得を試みようとすると、ウィルクが割って入る

「リリアちゃん、責任……感じてるんだね?」 ウィルクはあまりに一方的だったと、リリアの意見を汲み取り尋ね、その問いに頷くリリア

「責任を取るのはいいことだけど、それだけじゃあ俺達は説得できない

あなたも好きかも:住吉 パチンコ バイト
俺達はみんな、君と君の中にいたオニヅカのために戦ってる

わかるね?」 諭すような問い方をするウィルクに、再び頷くリリア

 クルシアの狙いが異世界へ行くことなら、向こうの世界に迷惑がかかるのは勿論のこと、自分にも危害が加わることは、容易に想像がつく

あなたも好きかも:リゼロ スロット 画面 レム
「リリアちゃん

逃げない理由を話せるんだね?」「は、はい

あの人達は凄く強いです」 動きは勿論だが、魔力量も尋常ではなかったことを、久しぶりに戻って来たリリアは、感を取り戻すかのように理解した

「だ、だから逃げ切るのは無理だって思いました

た、倒すしかないって……諦めさせるしかないって……思って、その……」「「「……」」」 確かに逃げ切れるかと問われれば、ハッキリとイエスとは答えられないのが現状

 しかし、打開策も無いのも事実

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 大当たり 曲
 ハイドラス達に取れる手は、少しでもリリアを遠くへ逃すことくらいしか、頭になかった

「逃げ切れないとして、どうするつもりだ? オルヴェール」 そう問われたリリアは懐から杖を取り出す

「わ、私……た、戦います!」「なっ!? む、無茶です! 今の貴女の状態で戦うのは……

それにクルシアの強さもちゃんと把握されてないでしょ?」 ハーディスの指摘には、ハイドラスもウィルクも頷くところ

 恐怖心が丸出しで全身が震えており、自信の無さそうな表情

 更にはリリア自身はこの状況をうまく理解できておらず、混乱した状態の挙句、クルシアの情報もほぼ無いに等しい

 今、オリヴァーンやアイシア達との戦闘を見たところで、把握、対処できるものではない