ひぐらしのなく頃に スロット 新作

ひぐらしのなく頃に スロット 新作

「流石に木陰ではないと、少々暑いですね……

あなたも好きかも:The Third Lotus Prince
泉に飛び込みたくなります」「駄目に決まってるだろ

あなたも好きかも:下関市 パチンコ屋
帰りどうする気だ」「それもそうですね

虫のいない木陰でも探して来ます」 そう言ったハインが立ち上がり、泉を迂回していく

あなたも好きかも:戦国無双2 スロット 設置店
対岸の木立が乱立している辺りを見にいくつもりなのだろう

 俺は腕の中のサヤを確認する

 めそめそと半泣き状態だ

髪を括っていないからか、表情のせいか、いつもより随分と幼く見える……

「……肝を冷やした……」 ついそんな小言を零してしまった

「サヤを、失うのかと思った……

ほんと、怖かったんだぞ」「か、かんにん……せやけどなっ、あんなん誰かて悲鳴あげるで⁉︎ 木陰で涼しいし、変な音とかなんもせえへんし、気が緩むやん⁉︎ そしたら首の辺りが痒うなって、手をやったら何かブニュって……払ったらアレが落ちて来て……しかも、よう見たらそこら中に⁉︎」 話してて思い出したのか、見事な鳥肌を立てて、俺に必死で身を寄せてくる

 その姿が可愛すぎて、口元が緩んでくるのを気合いで我慢した

怖がってるのを笑っちゃ駄目だ……耐えろ俺

「二人が毛虫、指で摘んで放り捨てとるの、唖然とした

 いや、助かったけど……平気で触るんやもん……」「そりゃ、毒もない無害なやつだから、怖がる部分無いよ?」「あるやろ⁉︎ ぶにゅって! しかも、わさぁってっ⁉︎」「よく見れば可愛いと思うんだけど」「よく見たないし! その感覚だけは、絶対に、理解できひん自信ある!」 そこが限界だった

吹き出してしまう

 腹筋が痛くなるくらい笑って、涙まで滲んでしまった

 だって、サヤが本気で怖がってる