スロット シンフォニア 天井

スロット シンフォニア 天井

あなたも好きかも:魁 男塾 スロット
 タガネは枕元まで歩んで腰を下ろす

「タガネさん、ここを離れるんじゃ?」「まだ外が荒れてるんで、もう一泊」「それは災難ですね」「一応、その報告だ」「律儀ですね」「人が去ろうってときに、やたら惜しむような顔されたらな」「う゛っ」 タガネは懐中から蝋燭を取り出す

「これ、何か知ってるかい?」「…………蝋燭?」「おまえさんの家が取り扱ってる物だ」「僕の部屋にも灯はあるけど…………芯が青い?何かちょっと動い………てます?」「知らなかったか」「ええ」「ちと待ちな」 タガネは小皿を用意した

 荷物の麻袋から取り出した燧石を切って青い芯の蝋燭に火を点け、皿の中央に置く

 芯に点いた火は――妖しい青色だった

「うわっ、眩し」 フキが光に顔を手で隠す

あなたも好きかも:パチンコ ファインプレー 中古
 さほど強い光ではない

 だが、異様なほど目の奥に刺さるような感覚を覚える光を放つ火をタガネは観察する

 この青い火の中にある影は何なのか

 尋常な火と何が異なるのか

「さて、どうなることやら…………ん?」 ふと

 隣で照らされるフキの手を見た

あなたも好きかも:魔神英雄伝ワタル パチンコ
 頬や鼻に、じわりじわりと染みのように白い肌が青くなっていく

手に生じた影の部分を中心に疎らに広がっていく