うしおととら パチンコ 甘

うしおととら パチンコ 甘

その辺の考察は、次話で

シュレインとフローリアが落ち着いたところで、考助はさっそくシュレインに問いかけた

「なにをしたの?」「なにをと言われても吾も困るの

あの儀式は本来精霊に祈りを捧げるものじゃ

あなたも好きかも:宜野湾 パチンコ
フローリアに舞ってもらったのは、相性がよさそうだと考えたからじゃの」 シュレインが見つけた儀式は、もともとヴァミリニア一族に古い歌として伝わっていたものだった

あなたも好きかも:ビワコ パチンコ 彼氏
 ヴァミリニア一族ではただの歌で、儀式だとは伝わっておらず、今回見つけた文献でそれが儀式だとわかった

 それならば、せっかくなのでフローリアの舞と合わせればどうなるかと考えて試してみたのである

 先ほどのことはシュレインにとっても予想外だったが、途中で止めるわけにもいかないので、最後まで続けたというわけだ

 ちなみに、フローリアはシュレインに言われるままに踊っていたので、途中で止めるという選択肢はなかった

 シュレインの言葉に、考助は腕を組んで考え込むような顔になる

あなたも好きかも:みどり市 パチンコ 時間
「精霊に祈り・・・・・・ね

僕にはむしろ、錫杖が精霊を取り込んだように見えたけれど?」 取り込んだと表現すると無理やりに奪ったようにも聞こえるが、どちらかといえば、先ほどの儀式では精霊たちが喜びながら錫杖に向かっていた

 考助が敢えてこう言ったのは、儀式(契約)という形を取っている以上、精霊には逆らえないように思えたからだ

「そうはいってものう・・・・・・

祝詞の言葉自体は、本当に精霊に感謝の祈りを捧げるものでしかないのじゃが?」 シュレインにしても、なにかが起こるだろうとは考えていても、実際になにが起こるかはやってみなければわからなかったのだ

 あそこまで劇的な結果が出るとは、まったく予想していなかった

 困惑しているシュレインを問い詰めるような姿勢になっている考助に、フローリアが宥めるように間に入ってきた

「まあまあ

コウスケはなにをそんなに焦っているのだ? 錫杖に精霊が加わっただけだろう?」 若干焦っているようにも見える考助に、フローリアは不思議そうな顔をした