ジャンヌダルク ブラックジャック 歌詞

ジャンヌダルク ブラックジャック 歌詞

「はあ…

仕方がないね」私の願いが通じたのかどうかはしらないけれど

「だったらはっきり言おうか」御堂龍馬という名前の神様に等しい存在の先輩が最後の手段に出てくれたのよ

ずっと困り果てていた先輩だったけど、それでも諦めずに馬鹿を説得してくれたわ

「きみの気持ちは分からなくもないけれど、悠理にそのつもりはないんだよ

あなたも好きかも:仕事人 パチンコ 設定
それに、悠理は近いうちに次の検定会場に向かうことになる

あなたも好きかも:ハニカム パチンコ
そうなれば残念だけど、きみと関わることはもうないと思う」そうよ!この馬鹿と私では、すでに300以上の差があるんだから!さっさと逃げきって次へ向かえばこの最弱馬鹿に追いかけ回される心配から解放されるのよっ!!!何て素敵な解決策!!今の私には御堂先輩が神様に見えるわ

「………」御堂先輩の言葉を聞いて黙り込む馬鹿

さすがに現実という言葉くらいは理解出来るみたいね

いまだに一勝も上げられない馬鹿とは違うの

私も敗北を繰り返してはいるけれど、少しずつ順位を上げているのよ

その差は日ごとに広がるし、確実に馬鹿から遠ざかっていけるでしょうね

だからこのままうまくいけば

あるいは私が努力すれば

この馬鹿からさよなら出来るはずなのよっ!!そんな小さな希望を胸に抱いたけれど…

馬鹿が再びしゃべりだしてしまう

更にありえない発言をしてしまうのよ