最近 の 勝てる パチンコ 台

最近 の 勝てる パチンコ 台

「いつ渡そう」「どんな風に渡そう」、そう考えると授業もままならず、指名されても何度も無視していた優樹は、先生の怒りを買って教室の後ろに立たされてしまった

あなたも好きかも:ダンバイン パチンコ カラオケ
それでも、頭の中は一杯一杯だった

「……朝、渡しておけば良かった」と後悔しても、もう遅い

いつも一緒に登校するのだからチャンスはいくらでもあった

けれど、いざ覚悟を決めるとどう切り出していいのかわからず

そのうち、「まだ休み時間もあるし」「お昼休みもあるし」と、余裕の考えに緊張を預けてしまい、ズルズルと伸びている

あなたも好きかも:玉三郎 パチンコ wiki
しかも、時間が過ぎれば過ぎるほど、緊張の度合いは高まるばかり

 休み時間も、昼休み時間も、ろくに反町と会話出来ず

目も合わせられず

名前を呼ばれても返事が出来ず

あなたも好きかも:日本 パチンコ 海外の反応
 そして放課後、緊張状態が長く続いたせいもあったのだろう

大介と一緒に仕事を終えて一旦反町の教室に戻ると、他の生徒はいなく、大介と二人だけの部屋で気が抜けたのか、「……疲れたー」と、吐息と共に言葉を漏らしてバッタリと机に顔を伏せた途端、……動かなくなった

 怪訝に感じた大介が「……おい?」と、近付いて様子を探ると、静かな寝息が――

大介は腹を抱えて笑いそうになったが、それをなんとか耐え、上着を脱いでそっと背中に掛けると、「静かに

起こさんといてください」と書いて背中に張り紙し、仕事に出た

それから戻ってきたみんなも、張り紙の意味がわからず、そっと覗き込んで状況を理解し、小さく笑いながら静かにそのまま寝かせた

 寝かせ続けて数時間――

 そろそろ日も暮れてきた

「……もう起こした方がいいわね」 生美が隣で寝ている優樹を訝しげに見下ろすと、「待って待って」と、華音が携帯電話のカメラを用意し出し、相川も「オレもオレも」と、携帯電話を用意する