ぎん が おとめ パチンコ 甘

ぎん が おとめ パチンコ 甘

だから、竜と暮らすことなんて考える必要はないからね」真剣に頷いた魔物をちらりと見上げて、厳しい顔を緩めて微笑むと、ネアは手を伸ばしてその頭を撫でてやった

この魔物の甘い囁きには勿論、ネアが自分を必要としていることを見越した魔物らしいあざとさも滲む

しかし、そんなディノの傲慢さも、ネアにとってはとても貴重な約束であった

「では、今のディノのこともずっと大好きなまま、安心して一緒にいますね

それと、私の食事の邪魔をすると好感度が下がって行く仕組みなので、覚えて下さいね」「……………わかった」悪い人間にたらされてしまった挙句に叱られて、魔物はきちんと手を離してくれる

ネアが最も危惧していた力関係の再習得も出来そうなので、しめしめとご主人様がほくそ笑んでいるが、まだここで文句を言う程の余裕は今のディノにはないらしい

撫でられた頭を押さえて、たいそう恥じらってしまっている

あなたも好きかも:スロット 輝
(少しずつ、今のディノの違いが分かってきたかも知れない)ネアのよく知っているディノと比べると、やはり狭量であるのは、まだネアに対する信頼度が育まれていないからなのだろう

細かく交わしてきた諸々の約束も反映されていないし、最初からネアに望まれているこちらのディノは、少しだけご主人様を丸め込もうとする傾向が強い

(だとすると、場合によっては怖がらせてみよう的な仕打ちもまたされてしまうかも?)あの頃は好意の確認という捻くれた意図もあったのでそこまでのことはないかも知れないが、少し目を光らせておく必要もあるだろう

あなたも好きかも:9 の つく 日 スロット 東京
特に、自分が見付けてきた筈のネアが、いつの間にかこちらに友人達を得ていることに疎外感を覚えている様子を見せるので、どこかで一番の身内はディノなのだとさり気なく安心させることもしておかねばなるまい

(都合よく少し懸念材料が出てきたから、明日あたり相談して頼ってみようかしら)悪巧みするだけの心の余裕を取り戻した人間は、そんなことを考えながら、甘い声で魔物に話しかける

「ディノ、このトマトのピクルスはあなたの好物だったんですよ