バカラ 攻略 アプリ

バカラ 攻略 アプリ

 前もって「小説の書き方」を学習していませんから、小説投稿サイトに掲載すると当然のごとく読み手から手厳しい批判が殺到します

 それでも意に介さず、また新しい作品を書いては掲載しまた叩かれる

あなたも好きかも:スロット データ 取り エクセル テンプレート
 それを何度も繰り返していくうちに、「小説を書くコツ」が見えてくるのです

「凡才型」の方は、とにかく量を書いては投稿し、読み手から叩かれることを目指してください

あなたも好きかも:vector オンラインゲーム
 誰からも叩かれなくなったら、成長する余地がなくなってしまいます

 そのため「凡才型」の方は、「短編小説」をたくさん書きましょう

 連載しない「短編小説」であれば、読み手が暇つぶしに「読んでみようか」と思ってくれます

「連載小説」の場合、連載している間はなかなか評価してもらえません

「凡才型」の方は評価されて伸びていきますので、評価してもらえなければ才能を伸ばしていけないのです

 だから「短編小説」をたくさん書くことが「小説を書くコツ」だといえます

あなたも好きかも:macpro pci express スロット
三つの型の特徴「事前に準備」をしてから「学習」しているかどうかで三つの型に分けられます

「手本」を読んだだけですぐにコツがつかめる人が「天才型」

「学習」をして何度か試して初めてコツがつかめる人が「秀才型」

「学習」もそこそこがむしゃらに努力を積み重ねるのが「凡才型」です

 一見すると「天才型」が最もすぐれていて理想的に見えます

 しかし「手本」にした書き手の劣化コピーになりやすいのも「天才型」の特徴です

「手本」に縛られず「事前に準備」して「小説の書き方」を「学習」し、自分なりの「小説の書き方」を身につける「秀才型」の人が最も伸びていきます

「凡才型」のように「小説の書き方」よりも自分の感性だけを信じて小説を書くのは、型破りな書き手にはなれますが、すぐには大成しないので挫折しやすいのです