パチンコ 筐体 販売

パチンコ 筐体 販売

ちなみにアンデルク城ではまあまあ時間がたっている

流石にフィリアをダウンさせた翌日とかそういうわけではない

ちゃんと彼女が復帰したのを確認してからである

逃げるように別の場所に行くのはどうかと本人も思っていたので

「っと……さて……武器屋探し、鍛冶屋探しだな……」「大丈夫なのです?」「別に探すくらいでは問題ないさ

あなたも好きかも:スロット サラリーマン番長3
まあ武器の値段、鍛冶屋の仕事の代金とかそっちが不安なところだが……」「お金は持ってきてないのです?」「ある程度は一応持ってきてる

目的が決まっていたし、以前ちょっとお金がなくて困ったことになったからな」 以前とは皇国に行った際の話である

あなたも好きかも:南松本 パチンコ
お金を持ってきておらず場所の確保に大きな手間がかかったことがあった

今回はそもそも武器の購入目的できたこともあってお金が必要なのは確定しているのでちゃんと十分なほどのお金を持ってきている

まあそれが本当に十分かどうかは公也だけで判断できることではなく、販売あるいは作成に必要な代金次第といったところになる

「ただ、良いものは高いからな

武器ならなおさらだ」「なのですね

よくよく考えるとこの世界なら珍しい鉱石もあるかもしれないのです

ミスリル、アダマ、オリハルコン、名だたる幻想の鉱石で作られた武器があったらいいですね」「…………そうか、こっちならそういうこともあるんだろうな」 この世界は基本的にファンタジー寄りの世界

魔物や魔法があるのだから当然そういったファンタジーにありがちな現実には存在していない……公也のいた世界では存在していない鉱石などもあるかもしれない