カジノ ヴェネチアン マカオ

カジノ ヴェネチアン マカオ

「ぅう、ぁあああ……!!」 ――たった一瞥されただけで、私は負けた

 魔法でなく、魔力に中てられただけで、吐き出す息が白くなるほど芯まで凍りついてしまった

肌を氷粒が覆い、心身の熱を全て奪われて、顔を伏せて、蹲った

 私は身体だけでなく心も、折られてしまった

 たった一瞥で……!! これ以上は思い出したくない

 思い出せば、次は折れた心が砕ける

あなたも好きかも:7日 イベント パチンコ 広島
 あれと、もう一度向き合うくらいなら自決を選ぶ自信がある

あなたも好きかも:ルーレット インサイドベット
 知り合いたちには色々と託されていたが、もう関係ない

 何が「これから全戦力を投入して、カナミの奪還を行う」「だから、任せたぞ」だ

「おまえは隠れているだけでいい」「敵は私たちで倒します」とか言って、私が一番のハズレくじだったじゃないか

「遠くで、彼女を守ってるだけでいいからね」なんて――大嘘だった

 『眠りの呪いに囚われた女の子』って話だったはずなのに……

 動いた

動いて、私に話しかけたんだ……!!「あんなのを私に守れって……!? どうかしてる……! クエイガーさんも、キザのエルミラードも、バカ現人神も、みんなみんなみんなっ、この世界の誰も彼もっ!! みんな頭がどうかしてる!!」 特に恐ろしいのは、動いたあとだ

 眠りから覚めた女の子は、私にお礼を言った

 いまだからわかる

 あれは、本当にお礼だけだった

 お礼を一言、喋っただけ

 しかし、一言に乗った魔力が余りに規格外すぎて――私は半狂乱してしまった