みさお パチスロ ライター

みさお パチスロ ライター

 酷くないか?」「バカップルの自虐風自慢か……懐かしいな」「いや、お前、俺らの実態知ってるだろ……」「知らんな

あなたも好きかも:パチンコ 監査法人
小学校の頃からあいつらだけ 堂々と付き合えて羨ましいなと ほとんどのやつが言ってたのは知ってるけどな」「……」さっそく、バカップルネタで弄られて懐かしいやら悲しいやら言葉も無い

「さっすが山口君

私のやる気スイッチの押し方を よく分かっていらっしゃる!」なぜか美射は、いきなり元気になって立ち上がると、ゴウブの頭の方をペンライトで照らし「ゴウブ!行くわよ!この旅、最後の目的地、ミイバル城へ!」「はいさー」眠そうなゴウブが答えて、ゆっくりと月の無い真黒な夜空へと上昇していく

「一斗!!」 ティスティが嬉ししさのあまり、思わず大きな声で一斗に話しかける

あなたも好きかも:パチンコ ドラゴン 東名 川崎
「おぅ、ティス

待たせたな!」「あの人が一斗を殺したみたいな発言してたから……私……」 バタッ、と倒れそうになったところを、一斗が危なげなく支えた

あなたも好きかも:恵比寿 バカラ
「その話は後な

とりあえず今は……<活氣功(かっきこう)>」 マナが切れかかっていて、血色が悪くなり、息が荒れていたティスティだったが、次第に顔色が良くなってきた

「ありがとう、一斗……」 心底悔しそうにしているティスティの頭を、一斗は察してポンポンと叩いた

「しゃーねぇーよ

あのおっちゃんの実力は桁違いだからな

だから――」 一斗は優しくティスティを支えていた手を離し、ヴィクスと対峙する

「あとは俺に任せてもらうぜ!」「うんっ! (絶対に負けないでね、一斗)」 ティスティは改めて一斗を目視すると違和感がした

(なんだろう? 別れたときとまったく違う気配がするわ

それに……頼もしくなって存在感が増したような気が) いずれにせよ、今の一斗ならなんとかしてくれるのは間違いないと、ティスティは確信した

 そして、戦いの邪魔にならないように後退し、負傷したラインのもとに駆け寄る

 俺はストレッチをして、拳を突き出して攻撃を仕掛ける構えをとる

「さぁて、待たせたなおっちゃん! 第二ラウンドといこうか」「……お主には驚かされてばかりだ