名古屋市 スロット イベント

名古屋市 スロット イベント

「本来なら神聖な"白"なる物だろうに」絵本から吹き出す力に、バアルゼブルは幾分か残念そうな声を出していた

「ええ、恐らくは古に"Kether(ケテル)"、王冠とも訳される、貴方専用の絵本に閉じ込める為の能力でしょう」"ケテル"という言葉の意味を、読書好きの賢者となる祖父が珍しく難しい顔をしながら読んでいた本に、記されていたのを知っているアプリコットが視線を白と黒の旋風の方に向けた

ただ視線をそちらに向けたのは賢者が口にした言葉に反応したのも合ったけれど、その声の高さが、随分と久しぶりにも思える音域に"戻って"いた事もある

それには自分を庇うように側にいる王様も感じ取れている様子で、自分の肩を抱く手に込められている力が抜けるではないが、"柔らかく"なった事で伝わって来た

「シュト、もう一度!場所はそのままだ」今度は見上げる事もしないで、相変わらずの大声でダガーが告げたなら、直ぐに2発の銃声が響いた

あなたも好きかも:ハイスクールフリート 評価 スロット
そして撃ち込まれた瞬間に、バアルゼブルは縛している自分のすぐ側に、"何か"が及んでいることに気が付く

銃撃を受けた事で"何か"は白い靄の中、"絵本"の方に後退をしていく

「高々異国の神である、儂専用に、そこまでするとは

あなたも好きかも:四国中央 パチンコ
こうなると儂も人の事は言えんが旅人殿の方が余程この世界に、名前を残る事に執着している様にも思える」"何か"の正体は判らないまでも、自分を引き戻そうとしているのは察せられた

「旅人は幾ら英雄として称えられ崇められようとも、"人"ですからね

本来なら、貴方以上に存在は危うい

でも、この世界に残した功績が大きすぎて、人の"枠"を超えて視られている」そんな説明をしながら賢者は、旋風の中、"匣"の中にも探し物を見つけて"引っ張りだす"

「折角、"似ている"から利用しない手はないよね~」そう口にしながらバアルゼブルの方に近づいたなら、異国の神様は賢者が指示した通りに"イメージ"を行ってくれているのも判る

バアルゼブルも近づいている事に気が付いて、縛された形のままで、側によると賢者が手にしている物に気が付いた

「それは随分と懐かしい」「ええ、もし、この力を"匣"に閉じ込めておかなければ、私―――"ワシ"はこの陣取り合戦、不戦敗をアプリコット殿に薦めていましたよ

それにしても、どうして貴方はあんなにあっさりと、"匣"に力を納めたんですか?」そう言いながら、本当のウサギならありえない肉球が付いた手で、"ロックの闇の魔力の才能"をバアルゼブルに向かって差し出した時、再び"何か"の力が迫っていた

そこに、再びダガーの太刀が振るわれた