スロット 勝てない 理由

スロット 勝てない 理由

これで課題はクリアできたよね?」 その言葉には、扇も肩をすくめながら頷いた

「ああ、そうだな

ワシの負けだよ

あなたも好きかも:七つの大罪 スロット エイリヤン
菊那様からの指示通りに封印地は回してやる

とっとと荒神を狩って、あっちに戻りやがれ」 扇の言葉に、風音がニンマリと頷いた

 菊那、達良と会ってからすでに一ヶ月が経過していた

 その間に風音は再度己を鍛え上げ、結果として『神の雷』のスキルレベルを4に上昇させていた

その一方で心臓球をテイムするための準備も進めつつ、封印地で荒神を倒すための手続きや工作などを扇に対して頼んでいたのだ

 そして今回、扇より封印地での戦闘の許可が下りて風音たちは晴れて荒神討伐を行っていた

 さらに扇はそれを実地試験とし、対処に問題なければ風音たちに続けて荒神討伐を依頼するとも約束していたのであった

そうするよ

どのみちダンジョンを使って戻れるのは四ヶ月後だし、それまでにやれるだけの準備をしておかないとね」「四ヶ月か

長いようで短そうだな」 扇がため息をつく

ふたりの口にした四ヶ月という期間は、達良と菊那が様々な状況から総合して導き出した推測から来ているモノであった

 それが世界と世界の間の空間が落ち着きを取り戻し、自己修復を始める頃合いとのことであった

 その時点で風音はダンジョンを生成し、一気にあちらに戻ると決めていた