パチンコ キャッツアイ2 甘

パチンコ キャッツアイ2 甘

「ネア、この後は少し危ないからお面をかぶろうか」「む

もしや、厄介な奴が出現するのですか?」「爆発するみたいだからね」「ば、………爆発?」「お前は少し下がった方がいいだろうな

火花と音の強い花火で厄を払うのだが、騒々しい上に火花が飛ぶからな」「………花火」「ネイ、あなたも気を付けて下さいね」ヒルドにそう言われ、銀狐はさっとエーダリアの首元に寄り添った

夏毛とは言え、大切な毛皮が焦げたら大変だ

エーダリアから下がるように言われたネアも、数歩後退する

「ディノは見たことがあるのですか?」「一度だけね

人間は不思議な生き物だなと思ったよ」「………むぅ、耳栓をしている方もいますね」「俺は結構好きなんだ

人間らしいというか、面白いなと思う」ウィリアムはそう微笑んでいたが、始まった花火はとんでもない代物だった

あなたも好きかも:埼玉県幸手市 パチンコ
手筒花火と爆竹の中間のようなもので、物凄い火花を上げ、その上轟音で跳ね回る

そんな恐ろしい花火を紐の先にくくりつけ、魔術師達はぶんぶんと回すのだ

あなたも好きかも:修羅 スロット 設定差
「…………これを始めた方は、余程鬱憤が溜まってたんでしょうね」「それで始めてしまったのかな」「それか、最後に盛り上げる手段に枯渇したのかどちらかだと思います

……あ、疫病毛玉さんが」ネアの視線の先で、まだ残っていたらしい疫病毛玉が山車の下から飛び出し、じゅわっと火花で燃え落ちる

あなたも好きかも:モバゲー カジノ
どこか物悲しい光景に、ネアとディノはしんみりとして寄り添った

「これで、残った疫病達も焼き払い、祭りは終わりですよ」そう教えてくれたヒルドにこくりと頷きながらネアは、ウィームの人々は極限まで溜め込んでから爆発させるタイプなのだと理解した

でなければ、あのソリ遊びや、飾り木を豪快に燃やす手法は思いつくまい

(………は、激しい)最後は視界が白く染まるくらいに花火が破裂し続け、とんでもない轟音で祭は幕を閉じた