パチンコ エンディング

パチンコ エンディング

「日曜日、私も部活お休みするの

……朝からいーい?」 そっと窺われ、反町はキョトンとした

「……いいけど……」 どこか曖昧な返事に、優樹は「へへっ」と嬉しそうに笑って「じゃあ、んーと……」と目線を上に向けて考える

あなたも好きかも:絶対衝激 スロット リセット
「……流君のトコに行こうかな……」「……

母さんと実と遊ぶわけ?」 不快げに拗ねると、優樹は「んーん」と笑顔で首を振った

「今度は流君にちゃんと付きっきりする」 キョトッとして口を閉じる反町に優樹は少し微笑んだ

あなたも好きかも:三國志 スロット
「だから、大切なお勉強は明日中に終わらせてね

……日曜日は、私の相手してもらうから」 へへ……と、照れるように笑って視線を逸らしてモジモジする姿に、反町は少し笑みを溢し、「……うん」と頷いた

「……おまえら、よくも人の目の前でいちゃついてくれるな?」 二人の対面、洋一は呆れ気味に頬杖ついた

思い切り存在を無視されていたようだ

「で、日曜日は二人っきりで何しようとしてんだよ?」 「秘密」と優樹に愛想なく答えられ、洋一は目を据わらせた

あなたも好きかも:牙狼守りし者 スロット
「邪魔しに行ってやる」「ダメ

来ないで」「行ってやる」「来ても入れてあげないから」「実ちゃんを味方に付ける」「流君のお部屋、開けないもん」 洋一はフンっとそっぽ向く優樹から、瞬きを繰り返している反町に目を向けた

「……優樹はそのつもりらしいぞ?」 洋一にニヤリといやらしく笑われ、優樹は「つもり?」と首を傾げ、反町は目を据わらせた――

「おはようございます」「いらっしゃい、優樹ちゃん」 日曜日の朝九時前――

 瞳の出迎えに優樹はぺこりとお辞儀をした

「朝早くからすみません」「いいのよ

流はさっき起きたところだからもうちょっと待っててね」 優樹は少し苦笑すると、「どうぞ」と足下に差しだされたスリッパを履き、少し大きめのトートバックを「よいしょ」と持ち直してその場に立つ