まどマギ スロット 次回予告 ハズレ

まどマギ スロット 次回予告 ハズレ

良いタイミングが来たので、わざとらしく「もしや、ハクトウ一家の方でゲスか?」ショウは体を揺らして笑い出し「……ショウ・ハクトウだと、見抜いてたんだろ

芝居はいいよ

あなたも好きかも:パチンコ 徳川
 ほら、返す」俺にドルナジャを投げ渡してくる

仕方なく、その汗だくになってふやけた物体を受け取ると「て、テクニシャンね……さすがモテる金持ち……ツボを知ってるわ……」と謎の一言を発して、俺の腕の中で力尽きた

甲板に彼を入れて、タラップは用心のために上げ船内の食堂で話を聞くことにする

あなたも好きかも:著作権フリー パチンコ
テーブルに座り、へたれているドルナジャを隣のテーブルに手を伸ばして寝かすと「茶の一杯くらいは期待していいかな?」ショウはサングラスをとって

フードを脱ぎながら言う

俺は頷いて、お湯を沸かし、お茶を淹れて持ってくる

マイカから、何か言付かってきたのだろう

あなたも好きかも:ベルセルク スロット ファルコンボーナス
「……長期休暇でね

 うちの職場も、最近ようやくまともな人材が育ってきて 指揮してる俺も休めるようになったんで 親戚のおじさんの島に遊びに来てる」ショウは、そう言って俺の淹れた茶を飲むと顔をゆがめて「……悪いけど、淹れ直したい」と言ってくる

黙って頷いて調理場まで案内するとショウは五分もかからないうちに、常備された茶葉を何種類か混ぜて匂いの良いお茶を、淹れて俺にティーポットを持たせ、食堂まで戻ってきた

そして、彼自身がティーカップにお茶を淹れて俺に進める

飲むと旨かった

テーブルをはさんだ場所に座ったショウは、俺の顔を眺めながら「……休暇は表向きの用事で この島を貰いに来た」といきなり真顔で呟く

冗談を言っているようではないのでこちらも真面目な顔で見つめると「ローレシアンの財務は、増え続けると国民と 弱小同盟国への駐屯費用 さらに貴族や軍のための金が足らなくてひっ迫している

 中央山を失ったのも、未だに財務を圧迫している要因の一つで 各種保障や、新兵の訓練、社会システムの組みなおしに 未だにてこずってる」俺は、衝撃を受けながら聞く

アルデハイトは大丈夫だとかつて言っていたがショウからしてみると、まったくそうではないらしい