ガルパン パチスロ シナリオ

ガルパン パチスロ シナリオ

「まあ……な

だが、俺を定義付けた名を無下にすることもないさ」「定義……ねえ」 彼の言葉を反芻した時、風が吹いた

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ 2ちゃん
灰色の風が荒れ地の中で渦を巻き、砂や小石を舞い上げる

男の黒衣が揺らめくと、竜の翼が広がったかのようだった

はっとする

紅い目がこちらを見ていた

じっと、見据えていた

炎のように赤く、血のように紅い目

あなたも好きかも:板橋区 新高島平 パチンコ
燃え盛る地獄の業火を思わせ、血の池を想起させる目

彼が、口を開く

「俺はカオスブリンガーと名付けられた

その名に込めたおまえの想い、おまえの願い、おまえの祈り、おまえの望み、それが俺を定義するのだ

俺は混沌をもたらすもの

おまえのために混沌を呼び、おまえのためにすべてを混沌で飲み込もう

それがおまえの望みなれば

それがおまえの願いなれば

それがおまえの夢なれば」 彼の声が響く