パチンコキング 笠寺

パチンコキング 笠寺

《友人の為に、自分の財産の半分以上を出すなんて、何て馬鹿で――有難い友人を、私は持てたんでしょう》――産まれて初めて、自分に価値があるような気持ちを与えて貰った

それは世間一般で"汚い"と思われがちな"金"ではあった

だけど"魔法が得意で、頭の回る小作農の自分"ぐらいの価値を見いだせないなかで、グロリオーサの出した金とその"量"は露骨過ぎる程、解りやすかった

《次男だから》《アングレカムに与えられた"人生"は、こういったものだから、享受しなければいけない》不満を抱きそうになる度に、賢い少年は自分に言い聴かせていたのに、友人はそれをあっさりと、自分に与えられた"財産"を使って、取っ払ってしまった

国王の庶子として、グロリオーサに与えられている財は決められていて、減ることはあっても、増える事は決してない物を、惜しげもなく使われた

日に焼けた美丈夫は、心の内で手の指に満たない回数だけれども、グロリオーサの身分に"嫉妬"してしまっていた事もあった

そんな自分を大いに恥じて、それならば彼の"野望"の為に、自分の今生を捧げる事を密かに誓う

また彼が自分に使った金は、それは"税金"でもあるのだから、それに見あった活躍をしたいという"欲"も出た

今はまだ途方のない目標でしかないが、グロリオーサの野望が叶い、彼が国を納めるという事になったら

あなたも好きかも:小牧コロナ パチンコ
親友の納める国の民が、今の傾き始めたの国の中で、疑心を抱き戦々恐々として税を納めるのではなく、安心して任せて"税を納める国"を実現させて見せる

あなたも好きかも:g1 2 スロット キタサンブラック
("グロリオーサ・サンフラワー"、貴方をセリサンセウムという国の歴史に関わらず、世界に通る名高い名君にするのを私の"野望"と"誓い"にさせて頂きます)その誓いを、アングレカムは口には出さなかったが、とりあえず国をグロリオーサが目指す平定にたどり着くまで"家族を持つつもりはない"と宣言をしていた

その時、相変わらず物事を深く考えないグロリオーサがどうしてだ?と尋ねると、これには少しばかり済ました様子で答えてくれた

あなたも好きかも:川口元郷 パチンコ店
"正直、このままの生活で家庭を持ったとして、子供が生まれて、その子が、私のようにすぐに見切りをつけるような性格ではなかったら、きっと私とその子は喧嘩をするでしょう

向上心がある子に、"家の事情で諦めなさい"というのは親として情けない限りです"更に苦笑いをしてアングレカムは、グロリオーサにも解りやすいように"平定を終えるまで家族を持たない"理由を口にする

"けれどもね、農家の次男である私の"許される自由"の中に、"家庭を持つ事"が折角あるのなら、それを希望にしてもいました