108 ヒーローズ

108 ヒーローズ

あなたも好きかも:スロット バジリスク2 ビッグボーナス
「では、わたくしは本の紹介文を書くに止めます

紹介して広げるのは、ヴィルフリート兄様やシャルロッテにお願いいたします」「よろしい」 神官長が頷き、ヴィルフリートとシャルロッテも顔を見合わせて頷いている

 自分で紹介したかったな、と唇を尖らせるわたしを見て、養父様がクックッと軽く笑った

「あまり落ち込むな、ローゼマイン

あなたも好きかも:埼玉 大袋 パチンコ
其方の要望を色々と検討した結果、寮に本棚を入れることはできたのだ

機嫌を直せ」「直りました」 貴族院の寮は学ぶところなのに、本棚の一つもないのはあり得ない、と言って、本棚を入れて、図書コーナーを作るように要請していたが、どうやらわたしの要望が通ったらしい

「皆が使えるように、参考書を置くのはもちろん、エーレンフェストで印刷された本を並べなければなりませんね

持って行く本を増やさなければ」 ……コツコツと本を増やして、一つの本棚を二つの本棚に、そして、いずれは図書コーナーから図書室へ進化させるんだ!「本棚は設置したが、城の図書室に英知の女神 メスティオノーラの像を設置するのは、必要が感じられず却下した」 ソランジュ先生によると、メスティオノーラの像があれば、本が集まりやすくなるという御利益があるそうだ

王宮図書館にも英知の女神 メスティオノーラの像があるらしいので、お城の図書室にも英知の女神 メスティオノーラの像を設置して、エーレンフェストの本が増えるように毎日お祈りを捧げるべきではないだろうか、と提案したのだが、それは却下されてしまった

「女神の像よりも本を入れる方が重要だ

あなたも好きかも:ストライク ウィッチーズ スロット pv
違うか?」「では、養父様

本を購入するための予算をください」 わたしが本の購入費を要求すると、養父様はものすごく嫌そうな顔をした

「本一冊にいくらかかると思っている? それほどの予算はない