hgss 釣り スロット

hgss 釣り スロット

「じゃあなんで?」「……あ、あのねぇ、俺って言ったら勝平だろ? 母さんの息子の……」 すると再びぼーっとこちらを見て考え込む

あなたも好きかも:スロット めんそーれ アプリ
 さ、さすがに気付いただろ

「そりゃそうよ

私の息子は勝平ちゃんよ

あなたが言ったんでしょ? 息子さんはもしかしたら自分の身体に行ったのかもしれないって……」「……」 どうも話が進まないので、俺だとわかるようにプロフィールを語る

「母さんの名前は鬼塚春美

年齢は三十七

あなたも好きかも:五反田 スロット 優良
好きな食べ物は海鮮系で特に海老が好き

あなたも好きかも:パチスロ デビルサバイバー2 ゾーン
肉は食べれないほど苦手で、よく父さんと時代劇ものを観るのが趣味」「あらあら、良く知ってるわね

……もしかして!」 おっ? やっと気付いてくれたか? さすがにこれだけ言えば……、「君彦さんからいつ聞いたの? やぁね、聞きたければ教えたのに……」 俺は思わず盛大にその場でひっくり返った

 遺書からのリリアや今、朝ご飯が置かれているところを見ると、社交的に会話できるとは到底思えない

「――リリアが父さんから聞けるわけないだろおっ!! こんなご飯の出し方されてて、母さんの好き嫌いがわかるかあっ!!」「じゃあなんで知ってるの?」 もう言うのも面倒くさくなってきた

「だから俺は、リリアじゃなくて勝平なの!」 今度で三度目

ぼーっとこちらを眺めながら思考を巡らせる

 すると、「えっ? 勝平ちゃんなの?」 やっと気付いたのか、首を傾げて尋ねる

「そうだよ

母さんが腹痛めて産んだ息子の勝平だよ」「あらあら……」 あらあらと言いながら再びハグ

「戻って来たのね、勝平ちゃん! もう勝平ちゃんなら勝平ちゃんって言ってくれればいいのに……」「――さっきから散々言ってたよ!」 母さんのおかげで、女としてついた言葉遣いが簡単に戻りそうだと確信を得た