南行徳 スロット イベント

南行徳 スロット イベント

「このロブロウ自慢の渓谷一帯に、リコリスさんによる浄めの"ジブリールの"降臨に始まり、先程の能楽の連舞、そして今行っている国造りの神楽囃子に惹かれて、本当に沢山の精霊が集まってくれています

浄らかな存在の精霊が多いので、そして集まれば集まる程、仕上げの"浚渫"が楽になります

だから私は様々な集客の仕掛を―――」畳み掛けるようにアルス説明していたネェツアークのスピードが急に滞り、止まる

アルスにしてみても、その話を聞いて、自分の姿と使い魔のカエルとの姿を同じにする事で、グランドールとルイへの"浚渫の儀式の負担が軽くなる"という話なら、護衛だけではなく役に立てているので、嬉しかった

だから、話の続きを楽しみにしていた矢先、急に黙ってしまった儀式の指揮者を見つめる

「ネェツアークさん、どうかしたんですか?、―――え!?」黙ってしまったネェツアークはどうやらある一点に視線を向けていた

次の瞬間にアルスも感じ取る事の出来るぐらいに"圧力"を感じて、儀式の舞台に上がってから、何度も繰り返す振り返るという行動をまた行う

あなたも好きかも:北斗の拳dd パチンコ 319
そしてアルスとネェツアークが視線を向けた先は同じ人物だった

(グランドール?)ネェツアークが"策"を語る口を止めてしまう程、神楽舞を行う日に焼けた親友を見つめている

あなたも好きかも:埼玉 パチンコ タクシー
国造りの神楽舞自体は、止まることなく進んでいた

場面は、多邇具久に仲介され案内される形で、不動の久延毘古の元へと、大己貴命が案内されている様子が、国造りの物語の詳細を知らない者でも、話の中身が分かるようなシーンだった

ただし、大己貴命――グランドールは周りは折角集まった、浚渫に協力しようとする精霊達が怯えて離れようとする程の圧力を出している

それは魔術と縁がないアルスが感じられる程の、"気迫"でもあった

大己貴命の演ずるグランドールの周囲が透明になる事で、ある意味人智を越えた気迫が色付けされた精霊にも伝わっていて、"怯え"に近い状態で、その側を離れている事も判る

(何やってんだ、グランドール!?)ネェツアークがテレパシーを飛ばすが、ガタイの良い親友は装束を纏った上でも判る逞しい背を向けたまま、アプリコットが演じる久延毘古に、ルイが演じる少名毘古那神の名前を尋ねる大己貴命を、舞演じていた

「大農家殿は、どうしてあんなにも気を放っておられるのですか?

これでは折角の精霊を集める為に行った演出の成果も、無駄になってしまうのでは?!」ディンファレが低い声で、指揮者のネェツアークに尋ねる